3Dデータ活用例:足回り、構造変更

足回り、構造変更

現車ボディの下面と3Dスキャンによるデータ
現車の足回り取り付け部分全体と足回り部品を3Dスキャンします。
モデリング~新規開発
純正部品をリバースモデリングし、純正部品の位置関係をCAD上で再現します。
ジオメトリーを考慮して、純正板バネ仕様からコイルスプリング化できるように部品設計・モデリングします。
部品製造 CAM
構造部品の3Dデータに対して加工パスを作成し、シミュレーションを行い機械の干渉チェックをします。
部品加工
5軸マシニングを使い、荒取り加工から仕上げ加工を行ないます。
実車装着
加工した部品を車両にあわせ、干渉不具合等のチェックをします。